浩洋会田中病院 36年ぶり決勝進出

[ 2019年9月17日 11:54 ]

第74回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント ( 2019年9月17日 )

4安打完封で決勝進出を決め、チームメートから祝福される浩洋会田中病院の先発・大浦
Photo By スポニチ

 社会人軟式野球の最高峰「天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」(全日本軟式野球連盟、スポーツニッポン新聞社主催)第4日は17日、長野県の松本市野球場で準決勝2試合が行われている。

 第1試合は浩洋会田中病院(宮崎)の先発左腕・大浦が4安打に抑える完封で大阪シティ信用金庫(大阪)を4―0で下し、36年ぶりの決勝進出を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース