ヤクルト寺原、三輪 今季限りでの現役引退発表

[ 2019年9月17日 13:03 ]

ヤクルト・寺原(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 寺原は球団を通じ「ファンの皆様、18年間応援していただき、ありがとうございました。18年間のプロ野球生活の中で、スワローズには一年間と短い期間でしたが、1年でも長く野球をやりたいと思っていた私に、チャンスを与えてくれたスワローズには感謝しかありません。本当にありがとうございました」とコメント。

 三輪も「私がこの年までこの身体で野球を続けられたのは、今まで私に携わってくれた全ての方々のお陰だと思っています。その方たちの為にも、これからの人生が大事になってくると思います。胸を張って生きていけるように、これからの人生を大切に過ごしていきたいと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース