中日、自力CS復活 山本が自己最長7回零封で3勝目「めちゃくちゃうれしい」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   中日8―1DeNA ( 2019年9月16日    ナゴヤD )

7回無失点と好投し3勝目を挙げた山本は、お立ち台で「まだまだ勝ちます」と絶叫する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・山本が2年目で自己最長7回を零封した3勝目に「ストライク先行で投げられたのが凄く大きかった」と胸を張った。球が高めに浮いた初回に背負った1死一、三塁でロペスを空振り三振、佐野を一ゴロ。2回からは波に乗って前夜13安打の強力打線を散発5安打に封じた。

 3勝は今季目標にしていた数字だった。「1つ上の藤嶋さんが去年3勝だったので、めちゃくちゃうれしい」と仲のいい先輩に肩を並べてニンマリ。与田監督も「コントロールに苦しまなかった。今、勝つために必要な投手」とねぎらった。3位・広島が敗れたことで5位ながら自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が復活。1メートル67の小兵右腕は「まだまだ勝ちます!」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース