日本ハム・実松2軍育成コーチ兼捕手 今季限りで現役引退「感謝の思いしかありません」

[ 2019年9月17日 13:11 ]

実松一成ファーム育成コーチ兼捕手
Photo By スポニチ

 日本ハムは17日、実松一成捕手(38)が今季限りで現役引退すると発表した。

 実松は98年ドラフトで松坂(西武)の外れ1位として佐賀学園から日本ハムに入団。強肩強打で松坂世代最強の捕手と呼ばれた。プロ21年目の今季は1軍での出場はここまで5試合だった。

 日本ハムから06年に巨人へトレード移籍。巨人から日本ハムに復帰した18年から2軍の育成コーチも兼任していた。通算成績は516試合で、打率・166、20本塁打、58打点。実松は球団を通じて「この度、今シーズン限りで引退することを決断いたしました。21年間、いろいろな経験をさせていただき、ありがとうございました。ファイターズ、読売巨人軍、また現役の間に温かい声援をいただいたファンの皆様には感謝の思いしかありません。本当に、ありがとうございました」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース