DeNA石田「中1日」も流れ呼べず ラミ監督「初回の2失点で試合決まった」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―8中日 ( 2019年9月16日    ナゴヤD )

2回2失点だった先発の石田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNA・石田がショートスターターとして「中1日」で先発したが、2回を2失点。その後も投手陣が崩れて大敗し、連勝は2で止まった。ラミレス監督は「初回の2失点で相手の流れになり、そのまま試合が決まってしまった」と嘆いた。

 打線も初対戦の山本の前に7回まで散発5安打で本塁を踏めず「打線がつながらなかった」。首位・巨人、3位・広島がともに敗れてゲーム差が変わらなかったことがせめてもの救いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース