楽天・浅村2年連続30号「自分が打ったことよりも勝てたことがうれしい」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天8―2オリックス ( 2019年9月16日    京セラD )

バックスクリーンへ30号3ランを放つ浅村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 楽天はエースの力投に打線が応えた。まずは3回1死一、三塁で、フェルナンドの中犠飛で先制。さらに5回には下水流の2号ソロ、浅村の左中間適時二塁打などで、一挙3点を追加した。

 浅村は9回に、バックスクリーンへの30号3ランを放つなど、3安打4打点と爆発。2年連続で30本塁打に到達したが「本塁打の数は意識していなかった。自分が打ったことよりも、チームが勝てたことがうれしい。岸さんに勝ちがついて、良かった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース