阪神・島本、満塁ピンチで好救援「ゼロで抑える事だけ考えた」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―1巨人 ( 2019年9月16日    東京D )

力投する阪神の2番手・島本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 阪神・島本は確固たる自信でねじ伏せた。1点リードの6回1死一、二塁でガルシアを救援。無失点で切り抜け、流れをグッと引き寄せた。

 「ゼロで抑える事だけ考えて。動揺することなく、自分の投球をすれば抑えられると思って投げました」

 最初に迎えた代打・陽岱鋼ヨウダイカンには三塁右へのゴロを打たせた。フルカウントからスタートを切っていた二塁走者の動きにつられた大山が追いつけず、遊撃内野安打で満塁。窮地が広がっても動じないのが今年の島本だ。

 小林をカウント2―2から内角フォークで空振り三振に仕留め、続く代打・大城もフォークを打たせて二ゴロに退けた。押し出し四球が頭によぎる場面でも厳しいコースを攻め続けた。

 矢野監督は目を細める。「本当に今年は自信をつけてね。ああいう場面でも堂々と投げる姿がね。成長しているんでね。今日もよくやってくれました」。6回まで毎回走者を出していた巨人打線が7回以降は無安打に終わり、出塁は9回1死の四球だけ。島本の気迫が反撃機運をそいだと言えるだろう。

 育成枠入団から9年目。59試合を投げ抜き、「ずっと目標にしてきたので、残り試合ずっといくぐらいの気持ちで投げていきたい」と改めて60試合登板へ意欲を燃やした。16年の23試合が過去最多で、「夢」の領域だった大台に王手。しかも防御率1・78という付加価値もある。飛躍を遂げた1年の完走へ腕を振り続ける。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース