西武・辻監督、アピール不足の木村に“演技”指導「達川さんの爪のアカでももらってこい」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―9ロッテ ( 2019年9月16日    メットライフD )

8回1死一、二塁、三振と判定された木村(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 試合後の西武のベンチ裏。大差で敗れた直後とは思えない笑い声が響き渡った。囲み取材の中心にいたのは辻監督だ。指揮官が注文をつけたのは打撃ではなく、8回の木村の「演技」だった。

 「手袋を外して確認したり、“あ、痛~!”って(大げさに)言わないと。アイツはくそ真面目だから…。達川さんの爪のアカでももらってこいって!」。振り返ったのは4点を追う8回1死一、二塁の場面。打席の木村は2ストライクから田中の内角球にバットを出した。これが左手をかすったように見えたが、判定は空振り三振。辻監督はすぐさまリクエストしたものの、リプレー検証の結果は変わらなかった。

 「(死球なら)1死満塁で4点差。全然違ったよ」。木村のアピール不足に映った辻監督が名前を出したのが、昨年までソフトバンクのヘッドコーチを務めた達川光男氏(64)。広島での現役時代は、たとえ当たっていなくてもオーバーアクションで「死球だ」とアピールし、珍プレー集の常連だった。

 木村は前日の延長10回、相手左翼手の失策で一気にホームインしてサヨナラ勝ちをもたらしたラッキーボーイ。試合後は報道陣に「マジで小指に当たった。うそはつかないですよ」と訴えたが、辻監督の指摘に「(演技は)いきなりすぎて、できなかった…」。加えて4打席連続三振とあり、演技派になりきれなかった真面目な好青年はガッカリだった。

 それでもソフトバンクが敗れたことで、優勝へのマジックナンバーは1つ減って「8」に。「減ったといっても残り試合数と一緒。全て勝ちにいかないと」と辻監督。6連戦も4勝2敗で乗り切って「上出来。選手も目指すところがあるし、必死だよ」と奮闘を称えた。残りは8試合。「達っちゃんの爪のアカ」はなくても、演技不要の猛打で連覇へと突き進めばいい。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月17日のニュース