オリックス メネセス「ドラゴンボール」孫悟空の熱烈ファン「打席に立てば超サイヤ人になるぜ」

[ 2019年1月29日 05:30 ]

入団会見を行った新外国人のメネセス (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 新助っ人は超(スーパー)サイヤ人!? 今季からオリックスに加入した新外国人、ジョーイ・メネセス外野手(26=前フィリーズ傘下3A)が28日、大阪・舞洲の球団施設で入団会見に臨んだ。主軸を期待される右の大砲候補は、大人気アニメ「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空の熱烈ファンだと明かした。

 「日本は悟空が生まれた国だろ? メキシコで見られるものは映画でも何でも見た。打席に立てば、もちろん超サイヤ人になるぜ」

 1メートル91、100キロの恵まれた肉体を持つメキシカンが憧れたヒーローは、日本が生んだ超戦士だった。「8、9歳の時から好きなんだ」。超サイヤ人は孫悟空ら戦闘民族サイヤ人が能力を向上させるために変身した状態。髪の毛が金髪になり、筋骨隆々となるなど伝説の強さを誇る。

 メネセスもムキムキで輝きを放つ予感が漂う。メジャー経験はないが、昨季3Aの130試合で打率・311。23本塁打と82打点の2冠に輝き、インターナショナルリーグのMVPを獲得。同席した長村裕之球団本部長は、「チーム上昇のために外国人選手の活躍が重要」と起爆剤としての役割を期待した。

 「準備はできている。早く投手の球を打席で見たいね」とメネセス。オリの超サイヤ人が、4年連続Bクラスに沈むチームを浮上させる。

(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース