西武ドラ1・松本航、自主トレで貫く“マイペース”に感じた意志の強さ

[ 2019年1月29日 09:00 ]

ブルペン投球を行う西武・松本航
Photo By スポニチ

 いよいよキャンプイン目前。西武は社会人出身・大卒ルーキーの5選手が1軍主体のA班スタートとなった。その中でもドラフト1位右腕の松本航(日体大)は開幕ローテーションの一角を担う存在として、首脳陣の期待も高い。

 ドラフト1位は新人の中では誰よりも注目を浴びる存在。松本航は多くの人に見られる新人合同自主トレや新人行事でも黙々と冷静にこなすという印象で、ブルペン投球では報道陣や首脳陣が見守る中、表情を変えることなく1球1球丁寧に、静かに投じていた。

 「今まで、こんなに見られたことはない。だけど、見られているからにはやってやろう、とはならないように控えめにしている。あえてポーカーフェイスにしているわけではないけれど、ピンチでも冷静に投げれるように」。元々、あまり表情を顔に出すタイプではないと言うが、自身に向けられる目に舞い上がることなく、自分を貫く意志の強さを感じた。

 他球団の新人が次々にブルペン投球する記事を見ても焦ることはなかった。大学時代の同期でロッテのドラフト2位右腕の東妻が何度もブルペン入りした際も「東妻はすごいな。記事見て頑張ろうかなと思った。でも自分は焦らないように」。刺激を受けつつも、マイペースに調整を続けていた。

 最速155キロの直球が武器の松本航。一方で東妻も最速155キロを誇る。戦友の動向を記事などで確認するが、直接連絡を取ることはあまりないという。それでも、「お互いチームに必要とされ、戦力になった上で勝ち負けを争えたらうれしい。いつか対戦できたらいい」と、少し表情を緩めて話していた。まずは目の前のキャンプでしっかりアピールし、開幕ローテーションを狙う。(記者コラム・武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース