西武・高橋光 一般女性との元日婚発表「守るべき人ができたので一層野球に集中」

[ 2019年1月29日 09:47 ]

西武の高橋光成投手
Photo By スポニチ

 西武は29日、高橋光成投手(21)が今月1日、群馬県沼田市役所に婚姻届を提出したと発表した。お相手は、群馬県出身の22歳の一般女性だという。

 高橋光は球団を通じ「この度、入籍いたしました。 守るべき人ができたので、より一層野球に集中できます。 食事面や体のケアなど、サポートしてもらいながら二人三脚でがんばります」と決意のコメント。

 4年目だった18年シーズンはローテーション入りを期待されたが、右肩を痛めるなど故障にも悩まされ、プロ最少の3試合の登板で2勝1敗、防御率4・50。それでも、今季からは通算182勝を挙げた西口コーチが15年まで着けていた背番号13を受け継ぐことも決まり、昨年の契約更改時には「ライオンズのエース番号。重いもの。恥をかかないようにしたい」と今季への意気込みを語っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース