“行方不明”多和田 西武出陣式に登場 北海道でトレーニングしていた

[ 2019年1月29日 05:30 ]

ユニホーム姿で記念撮影する西武ナイン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 オフ中の行方が不明だった西武・多和田が所沢市内で行われた出陣式に参加し、昨年12月のバッテリー賞表彰式以来の公の場に姿を見せた。

 昨季16勝を挙げた最多勝右腕の行動は、球団関係者さえも分からずにいたが、年末年始は北海道でトレーニングに励んでいたことが判明。2キロの砂が入ったボールを使用した“指トレ”を新たに実施し、「(巨人の)菅野さんとかもやっている。指トレ後に投げたら、思った以上に良かった。(キャンプに向けて)楽しみな気持ちが大きい」と手応えもつかんでいる。

 左腕エースだった菊池がマリナーズに移籍。開幕投手の有力候補にも挙がる多和田は「まだまだアピールしないといけない立場。初日からブルペンに入りたい」と力強かった。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース