阪神 藤浪ら30選手が先乗り自主トレ開始 ドラ4・斎藤「競争に負けない」

[ 2019年1月29日 10:00 ]

宜野座での合同自主トレをスタートさせた阪神ナイン
Photo By スポニチ

 阪神の先乗り合同自主トレが29日、キャンプ地・沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」でスタートした。

 選手会長の梅野、今季からキャプテンを務める糸原、逆襲を期す藤浪ら若手を主体に30選手が参加。昨秋ドラフトで指名された新人選手も3人が名を連ねており、ドラフト4位・斎藤は沖縄入りした28日に「沖縄は暖かいですけど、逆に飛ばしすぎないように。競争が激しいので負けないようにしたい」と意気込んでいた。

 選手たちは大幅改修された新ブルペンで投球練習を行うなど、キャンプインへ向けて準備を整えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース