ロッテ・藤原 インフルからの逆襲へ キャンプ初日の紅白戦に「出たい」

[ 2019年1月29日 05:30 ]

即席サイン会を行うロッテ・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)が、ロッテ浦和球場で行っていた新人合同自主トレを打ち上げた。「毎日筋肉痛があったり、いい感じに仕上げることができた」。途中、インフルエンザで5日間離脱したものの、股関節周辺などを鍛え上げてきた。

 石垣島キャンプ初日の2月1日に紅白戦が行われる。キャンプの1軍と2軍を振り分けるサバイバルマッチ。出場選手は前日に発表されるが、藤原は「インフルになったりしたが、いいスタートが切れるようにそこには出たい」と改めて意気込みを口にした。走攻守全てに期待が大きい18歳は「バッティングでアピールしたい」と高校通算32本塁打を誇る打力で「嵐」を起こす。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月29日のニュース