宮城・古川 センバツ21世紀枠候補に “菜の花プロジェクト”手伝う

[ 2018年12月15日 05:30 ]

センバツ21世紀枠候補9校発表 ( 2018年12月14日 )

 古川(宮城)は秋季東北大会4強の実績や、毎年3月11日に東日本大震災で被災した塩釜市の野々島で2年生部員が行うボランティア活動などが推薦理由となった。

 高橋主将は「先輩たちが築き上げてくれた伝統を評価していただいたのかなと思う」と話した。野々島では復興のために「菜の花プロジェクト」と称し菜の花畑をつくり、部員はその整備を手伝う。他にも学校から練習場までのごみ拾いなども行っており、地域に愛されている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース