杉内俊哉氏 巨人の天才MVPに挙げたのは…「人前でやってるところを見せない」

[ 2018年12月15日 18:18 ]

トークショーに参加した(左から)巨人・杉内ファーム投手、村田ファーム打撃コーチ、元日本ハムの矢野氏(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 今季で現役を引退した杉内俊哉氏(38)、村田修一氏(37)、矢野謙次氏(38)が15日、都内で「徳光和夫の週刊ジャイアンツ トークショー」に参加した。観客からスタンティングオベーションで迎えられた80年生まれの同学年トリオ。12年〜15年6月まで約3年間、巨人でともにプレーし、3連覇の黄金期を築いた。

 杉内氏は巨人の天才MVPとして長野を挙げ「人前でやってるところを見せない。天才系」と称えた。村田氏は「アウトにならなくていいので気持ちも安定している」と現役を退いた素直な心境を明かし、笑いを誘った。トークショーの内容は1月14日の20時15分〜日テレジータスで放送される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月15日のニュース