あだ名は同じ“キク” 広島移籍の菊池保「負けず覚えてもらえるように」

[ 2018年12月15日 05:30 ]

広島のユニホームに袖を通し笑顔の菊池保(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 福井とのトレードで広島へ移籍した菊池保が広島市のマツダスタジアムで入団記者会見に臨み、楽天時代と同じ背番号59のユニホームに袖を通した。

 新天地では先発、リリーフを問わず、投手陣に厚みを加える役割を期待されている。同僚には同姓で同学年の菊池涼がおり、あだ名も「キク」と同じ。「日本を代表する野手の菊池選手がいるので、負けず覚えてもらえるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース