阪神・秋山 ファンレターに同封されていた野球カードに衝撃「俺、ピッチャーやで」

[ 2018年12月15日 17:52 ]

トークショーで笑顔をみせる阪神の秋山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・秋山拓巳投手(27)が15日、奈良県奈良市の「マツダスポーツ奈良店」で契約するローリングス社とのコラボイベントに参加した。

 ファン150人を前にしたトークショーでは5勝10敗に終わった今季を振り返り「チームが最下位なんで責任を感じています。ケガもしたし、しんどいことが多かった1年だった」と悔しさをにじませた。

 矢野新監督とは自身が高卒1年目だった10年の1年間だけ現役をともにしたものの「矢野さんに受けてもらったことがないんです。受けてもらいたかった」と本音を吐露。また、阪神ファンとのエピソードについては直筆サインを求めてファンレターに同封されていた野球カードがなぜか打席でバットを構える「打者・秋山」のものだったといい「俺、ピッチャーやでと思いました」と苦笑いを浮かべた。

 現在は10月に受けた右膝手術からの復帰を目指してリハビリ中。14日にはブルペン入りするなど経過は順調で「肩はできている。キャンプからしっかり投げていけると思うけど、開幕は4月。かといって開幕に合わせる立場じゃないので難しい」と復活への見通しを口にしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月15日のニュース