落合博満氏 「超一級品」と評価していた吉田輝星に苦言「もうちょっと練習しろよって思う」

[ 2018年12月15日 15:14 ]

日本ハム新入団選手会見でポーズを取る吉田輝星(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(65)が15日放送のABCラジオ「道上洋三の健康道場」(土曜前7・00)にゲスト出演。今夏の甲子園大会準V右腕で、ドラフト1位で日本ハムに入団した吉田輝星投手(17=金足農)に「もうちょっと練習しろよって思う」と苦言を呈した。

 落合氏は、これまで同じ秋田県出身でもある吉田に高評価を与えてきた。だが、「オフの太り方見たら、お前もうちょっと練習しろよって思う。おそらく太る体質じゃないか?」と指摘し、「甲子園の時はいい下半身して、これだったら相当走りこんできたなってのがあったんだけども、国体の時にちょっと投げてる姿と仮契約かなんかの時、うわ!こいつ、目方落とすの結構しんどいんじゃないかなって。やっぱ走らないと維持できないんじゃないのかなーっていうとこがあった。(それが甲子園が)終わってからの第一印象かな」と心配した。

 ドラフト前には「秋田から久々に出た超一級品のピッチャー」と吉田を絶賛。「俺が監督だったら行く」と自身が監督をしていたと仮定した場合、必ずドラフト1位で指名すると公言していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース