普通は多和田だけど花粉症が…西武・辻監督 開幕投手は「“やりたい”が一番」

[ 2018年12月15日 05:30 ]

出発セレモニーで客室乗務員らと記念撮影する西武ナイン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武・辻監督が来季の開幕投手について競争とする考えを示した。「普通に考えれば多和田だろうけど、あの時季、彼は花粉症もあるし。やりたい、やりたいと言ってきてくれるのが一番」と話した。

 3年連続で開幕投手を務めたエース菊池は、ポスティングシステムでメジャー移籍が決定的。筆頭候補は今季、16勝を挙げて初タイトルとなる最多勝を獲得した多和田となるが、指揮官は「今井、榎田、新外国人だって可能性はある」とキャンプ、オープン戦を通じて見極める考えだ。

 チームはこの日、成田空港から航空機で優勝旅行先のハワイへ出発。指揮官は「ご家族も含めて楽しんでもらうのが一番」と笑顔で機上の人になった。 (春川 英樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース