中日ドラ1根尾 5・28岐阜凱旋意欲 中学3年胴上げ投手思い出の球場

[ 2018年12月15日 05:30 ]

<岐阜ベースボールフォーラム>中日ドラフト3位・勝野と共に照れ笑いを浮べる根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)は14日、出身地の岐阜県で行われた「ぎふベースボールフォーラム」に参加。来年5月28日には岐阜・長良川球場でDeNA戦が予定されており「凱旋試合出場」に思いをはせた。

 「(長良川球場は)何試合かやらせてもらった球場。地元の球場で出られたら」

 根尾にとって、同球場は思い出深い場所でもある。最後に試合をした中学3年秋、ボーイズリーグの府県選抜大会に岐阜県選抜の一員として出場。三重県選抜との決勝戦では胴上げ投手になるなど優勝に貢献し最優秀選手にも輝き「優勝できたのが思い出」と当時を懐かしんだ。

 この日は同じ岐阜県出身のドラフト3位・勝野(三菱重工名古屋)らと壇上に上がり野球少年から熱い視線を集めた。「5・28」は地元の子どもたちも多く詰めかけることが予想される。「自分ができることをやって(来年の)1月、2月に入っていきたい」。故郷に錦を飾るために――。春季キャンプ、オープン戦でアピールし開幕1軍に残るのが当面の課題となる。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース