日本ハム・清宮 野球報道写真展訪れ「来年はもっと多くこの写真の中に入れれば」

[ 2018年12月15日 20:13 ]

野球報道写真展を訪れ、自分の写真パネルにサインする清宮 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が15日、野球殿堂博物館で今月15日から来年3月3日まで開催される「野球報道写真展2018」のオープニング見学会に出席した。

 野球界のハイライトを収めた写真展で今年で4回目を迎える企画。エンゼルス・大谷や、日本ハムが今秋ドラフトで1位指名し、来季からチームメートとなる金足農・吉田の写真などに加え、自身が5月9日のオリックス戦でプロ1号を放った写真が展示されており、各展示写真に興味津々。「こういう数多くの名場面の中に入れていただいて光栄です。でも、今年を振り返ったときに記憶に残るプレーがあまりできていない。来年はもっと多くこの写真の中に入れればいいですね」と来年のさらなる活躍に意欲を見せた。

 また来季からチームメートとなる吉田についても「周りも気になると思うけど、やりやすいように自分らしくやってくれればいい」と自らも注目を集めたドラフト1位らしくエールを送っていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月15日のニュース