ハム宮台20万円増でサイン 東大出身51年ぶり先発「来季は初勝利を」

[ 2018年11月20日 05:30 ]

契約更改を終え笑顔で会見する宮台(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハム・宮台が千葉・鎌ケ谷の2軍施設で初の契約更改交渉に臨み、20万円増の年俸770万円でサインした。

 1年目の今季は1試合のみの登板ながら、東大出身では51年ぶりに先発。「ケガが多く悔しかった。でも1軍で貴重な経験ができたので、それを生かして来季は初勝利できるように」と目標を掲げた。まずは来年2月の春季キャンプで「(米アリゾナで行う)1軍に行って、自分をアピールする場が一球でも多くあれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月20日のニュース