インディアンス 来季のホーム第2ユニは赤 長年親しまれたロゴマークは消える

[ 2018年11月20日 15:42 ]

来季に着用されるインディアンスのユニホーム (AP)
Photo By AP

 インディアンスは19日、来季に着用するユニホームを発表し、ホーム用の第2ユニホームの色には赤が採用されることになった。

 インディアンスは1975年から77年まで赤のユニホームを採用していたが、来季から約40年ぶりに復活。一方、アメリカ先住民族をモチーフにした球団のロゴマーク「ワフー酋長」は、来季から帽子やユニホームに使用されないことになった。

 「ワフー酋長」はファンに長年親しまれていたが、アメリカ先住民族の権利団体から民族を侮辱しているとの声が上がり、大リーグ機構が使用中止を決定。ただ、ファン向けのグッズには今後も「ワフー酋長」のロゴマークが入った商品が継続して販売されるという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月20日のニュース