【正力賞】山田は受賞見送り 王氏「ヤクルトが日本一になっていれば…」 大谷は“議論なし”

[ 2018年11月20日 17:00 ]

10月9日、3度目のトリプルスリーを達成し、「山田哲人コール」に応える山田
Photo By スポニチ

 史上初の3度目のトリプルスリー(3割・30本塁打・30盗塁以上)を達成したヤクルト・山田哲人内野手(26)の「正力賞」受賞は見送られた。

 選考会では候補として名前は挙がったが、選考委員の王座長は「素晴らしい記録だが、シーズンMVPというタイトルもある。正力賞に相応しい仕事となると違う人選になる。個人的にはヤクルトが日本一になっていれば(受賞も)あったと思う」と説明した。

 また、大リーグで新人王を獲得したエンゼルスの大谷翔平投手については特別賞も含めて議論はなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月20日のニュース