阪神・岡崎 200万円減でサイン「戦力外かもしれないと…しっかり頑張りたい」

[ 2018年11月20日 12:36 ]

契約更改を終え渋い表情の阪神・岡崎(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の岡崎太一捕手が20日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約交渉し、200万円ダウンの1500万円(金額は推定)で更改した。

 今季は6試合の出場にとどまり、スタメンマスクは3試合。打撃成績も無安打に終わり、「何もできなくて本当に悔しかった」と振り返った。

 来季はプロ15年目の節目。捕手陣では梅野が台頭し、ライバルは強力だが、「これで戦力外かもしれないと思ったが、もう1回契約してくれると言ってもらったので、しっかり頑張りたい」と巻き返しを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月20日のニュース