ヤクルト近藤、背番「70」から「20」に 17年目で初タイトル

[ 2018年11月20日 05:30 ]

ヤクルト・近藤
Photo By スポニチ

 ヤクルトは17年目の今季、自身初となる最優秀中継ぎのタイトルを獲得した近藤の背番号を「70」から「20」に変更すると発表した。

 オリックスからトレード移籍3年目で両リーグ最多の74試合に登板し、15年の秋吉に並ぶ球団記録をマーク。20は今季限りで引退した山本がつけ、かつては伊藤智仁(現楽天投手チーフコーチ)がつけた番号。また、奥村が「56」から「00」、藤井は「51」から「0」に変更されることも発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月20日のニュース