オリ、浅村から断り連絡「今回は他の球団を」好条件用意も交渉席着けず…

[ 2018年11月20日 05:30 ]

オリックスに断りを入れた浅村(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは19日、獲得を目指していた西武・浅村栄斗内野手(28)の代理人から断りの連絡を受けた。4年最大20億円級の条件と背番号1などを用意しながら交渉の席にも着けない無情な形で争奪戦に敗れた。

 思いを伝えることすらできなかった。オリックス・長村裕之球団本部長は大阪市内の球団事務所で報道陣に対応し、午前中に浅村の代理人から断りの連絡が入ったことを明かした。

 「今回は他の球団を選ばせてもらうと連絡があり、交渉を打ち切ることにした。“十分なオファーをいただき誠意と熱意に感謝するが、他球団のイメージのほうが強いので申し訳ない”と。会って一度は話をしたかったのが本音やね」

 シーズン途中から浅村がFA宣言した場合に備えて水面下で調査を開始。4年連続Bクラスからの巻き返しへ球界きっての大型二塁手獲得は最重要案件に位置付けた。FA宣言選手との交渉が解禁された15日には代理人と電話で接触。電話での連絡を続けて4年最大20億円級の条件を提示し、背番号1や7も用意していた。

 16日にはソフトバンク、18日には楽天が初交渉。次は…と意気込んでいた直接交渉の場が訪れないまま争奪戦に敗れた。浅村本人はもちろん、代理人とも顔を合わせる機会を持てなかった。交渉日に備えて散髪を済ませていた球団幹部もいただけに何ともやるせない。長村球団本部長は「会ってからだと失礼という(浅村側の)配慮だと思う。意中の球団があるなら仕方がない」と一定の理解を示した。

 宙に浮いた“浅村資金”については「若手も育ってきているし、楽しみな選手もいるのでね」と説明。善後策には現有戦力の底上げを挙げ、懸命に前を向いた。(湯澤 涼)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月20日のニュース