楽天・岸 7回8K無失点で8勝目「逃げずにしっかり勝負した」

[ 2018年6月30日 17:34 ]

パ・リーグ   楽天9―1西武 ( 2018年6月30日    メットライフD )

<西・楽>6回2死一、三流 山川を空振り三振に打ち取りグラブを叩く岸 (撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 楽天の岸孝之投手(33)は30日の西武戦(メットライフD)に先発登板。7回109球を投げて8三振を奪い、3安打無失点で8勝目(1敗)を挙げた。この日の好投で、リーグ・トップの防御率は1・80となった。

 試合後、メットライフドームのお立ち台に上がった岸は「逃げずにしっかり勝負した。無駄なランナーをためないように、何とかゼロに抑えられてよかった」と笑顔で投球を振り返った。これで5月2日の日本ハム戦から7連勝となり「嶋がリードし、野手が守ってくれている。これに応えて投げられている」と納得の表情を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月30日のニュース