クロマティ氏が神宮で始球式 ヤクルトの傘を振る応援、巨人時代から「一緒に踊っていた」

[ 2018年6月30日 17:26 ]

<ヤ・神>クロマティ氏は始球式を務める(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 神宮球場で行われたヤクルト―阪神戦は「DAZN DAY」として行われ、元巨人のウォーレン・クロマティ氏が始球式を務めた。

 「コンバンハ、ジングー。オヒサシブリネ」と球場のファンに挨拶してマウンドへ。投球はワンバウンドで糸原の背中の後ろを通過した。それでも「神宮が大好きで移動してしまうのが寂しい。思い出がたくさんある」と懐かしんだ。

 4月に来日してプロ野球をチェックしているというクロマティ氏。好調のヤクルトの戦いについては「ファイトしている。青木はMLBの経験を生かして欲しい」と話した。また傘を振る応援の真似をしながら「ダーイスキ、ヤクルト。実はジャイアンツにいたときから一緒に踊っていたんだ」と笑みをこぼした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月30日のニュース