PR:

ソフトB武田、7年目で中継ぎデビュー「空気感が味わえた」

パ・リーグ   ソフトバンク6―5ロッテ ( 2018年6月29日    ヤフオクD )

ソフトバンク3番手の武田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・武田が7年目、通算112試合目にして中継ぎデビューした。5回から3番手で登板し、3回を井上のソロによる1失点で切り抜けた。「1イニング、1イニングやっていこうと。ピンチもかなりあったけど、中継ぎの空気感が味わえた」。

 習得を目指すフォークも試し「中継ぎは落ちる球がないときつい。新しいことをやっていこうかなと」と前向きだった。

[ 2018年6月30日 07:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム