PR:

右足首骨折から一夜 誠也「残念」も復活誓う「無敵の体になる」

24日、車椅子に乗り、新横浜駅に到着した広島・鈴木
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠也外野手(23)が24日、「右脛骨(けいこつ)内果剥離骨折」を23日のDeNA戦(横浜)で負ってから一夜明け、報道陣に対応した。

 「残念です。ある程度、(医師の診断前に患部が)何かなっているかなとは思っていました。やってしまったことはしょうがない。来年、無敵の体になって帰ってきます」。最後は力強く宣言した。

 23日のうちに横浜市内の病院で診察を受けたが、広島市内でチームドクターの診察をあらためて受けた上で全治は発表される。

 同戦の2回2死、戸柱の放った右翼フェンス際への飛球をジャンプして好捕したが、着地する際にバランスを崩して右足のくるぶし付近を痛めた。担架で運ばれ、3回の守りから退いていた。

 きょう24日に出場選手登録から外れる。優勝マジック23の首位チームにとって、リーグトップの90打点を挙げる若き主砲の離脱は大きな痛手。ここが正念場だ。

[ 2017年8月24日 07:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月15日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム