PR:

西武 菊池 初球いきなり二段モーションの反則宣告 初回3失点

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2017年8月24日    ヤフオクドーム )

<ソ・西>初回、初球に二段モーションの反則投球を宣告された西武先発・菊池
Photo By スポニチ

 西武の菊池雄星投手(26)が24日、ソフトバンク戦に先発し、初回に先頭打者の川島への初球がいきなり二段モーションの反則投球と宣告された。

 セットポジションから投じた高めの直球に川島は空振りしたものの、反則投球を宣告され、ボールに。右足を上げる際に1度静止して再び上げる二段モーションと判断された。これで動揺したのか、ストレートの四球を与えた。

 菊池は前回登板の17日楽天戦(メットライフドーム)でも2度、二段モーションの反則投球を宣告されていた。

 2死三塁からは柳田に左翼フェンス直撃の先制適時二塁打、続くデスパイネには2ランを被弾し、この回3点を失った。

 ≪投球の中断は反則≫野球規則5・07(a)、(1)ワインドアポジションの(1)で「打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない」とある。二段モーションは投球の中断にあたるため反則投球とみなされる。NPBでは05年オフに二段モーションの禁止を決め、翌06年から厳格化された。なお、野球規則6・02(b)の反則投球では、塁に走者がいないときに投手が反則投球をした場合には、その投球にはボールが宣告される。また、6・02(a)、(5)により走者がいる場合は、反則投球をした投手にはボークが宣告される。

[ 2017年8月24日 18:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム