花咲徳栄 裏方へ最高の報い 未練残しながら学生コーチ、分析担当に

[ 2017年8月24日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権最終日・決勝   花咲徳栄14―4広陵 ( 2017年8月23日    甲子園 )

<広陵・花咲徳栄>3回2死、花咲徳栄の三塁コーチャー・久原は須永の2点打で喜びを爆発させる
Photo By スポニチ

 花咲徳栄・岩井監督が選手に求めたのが「自立」だ。その象徴が背番号12の佐々木、同13の久原(くはら)だった。

 昨秋に指揮官から頼まれ、選手への未練を残しながら転身。学生コーチ、分析担当として裏方に徹した。時には嫌われ役となり、岩井監督の代わりに選手に厳しい言葉を掛けてきた。最高の結果で報われ「苦しいこともあったけど、今までやってきてよかった」と2人は声をそろえた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月24日のニュース