ソフトB 2年目小沢が初の1軍昇格「「昨日の夜から緊張していました」

[ 2017年8月24日 16:30 ]

 ソフトバンクの高卒2年目・小沢怜史投手(19)が24日、初の1軍昇格を果たした。

 前日23日の西武戦でで2回無失点と堂々のプロデビューを果たした3年目・笠谷と入れ替わる形で登録された右腕は「昨日の夜から緊張していました。(出番は)点差が開いた場面と思いますが、しっかり腕を振りたい」と初々しく語った。

 日大三島から15年ドラフト2位で入団した152キロ右腕は今季、先発、中継ぎとして今季2軍戦で25試合5勝3敗、防御率5・22の成績を残している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月24日のニュース