オリックス・西 打球受け左手首骨折 福良監督嘆く「痛い」

[ 2017年8月23日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5―2日本ハム ( 2017年8月22日    ほっともっと神戸 )

<オ・日>1回1死、松本の投直が当たり左手を気にしながらベンチに戻る西
Photo By スポニチ

 オリックスの西が初回1死から松本の打球を左手首に受けた。ベンチに戻って治療を受け続投したが、2死一塁から中田に2ランを浴び、この回を投げ終え降板。

 神戸市内の病院で「左手大菱形骨(だいりょうけいこつ)骨折、4週間の固定」と診断された。レギュラーシーズン中の復帰は絶望的。3連勝した福良監督だが「ここにきて(の離脱は)痛い」と嘆いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月23日のニュース