広陵 ピンチで再登板 山本が火消し3K「準備できていた」

[ 2017年8月23日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権第13日・準決勝   広陵12―9天理 ( 2017年8月22日    甲子園 )

<天理・広陵>広陵・山本は最後の打者、天理・山口を空振り三振に仕留め、雄叫びをあげる
Photo By スポニチ

 広陵投手陣は山本、平元、山本とつなぎ天理の猛追をかわした。6点リードの9回に平元が5連打で2点を失い、なおも無死満塁。ここで再登板した山本は押し出し四球があったものの全てのアウトを三振で奪い「ああいう場面があるからファーストを守っていた。心の準備はできていた」と胸を張った。

 07年決勝の佐賀北戦では4―0の8回に野村(現広島)が押し出し四球後に逆転満塁弾を浴びた。10年前の悪夢を振り払う継投だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月23日のニュース