中日・大野 連敗止めた5勝目 巨人再び借金生活に

[ 2017年8月23日 20:55 ]

セ・リーグ   中日4―1巨人 ( 2017年8月23日    ナゴヤドーム )

<中・巨人>力投する中日・大野
Photo By スポニチ

 中日の大野雄大投手(28)が7回を6安打1失点で5勝目(6敗)。チームの連敗を6で止めた。

 伸びのある直球を武器に6回まで無失点。3―0の7回、1点を失い、なおも2死二、三塁のピンチで小林の代打・宇佐見を二ゴロに打ち取って最少失点で切り抜けた。

 打線は初回にゲレーロの31号2ランで先制。2点差とされた7回にもゲレーロの投ゴロが宮国の本塁悪送球を誘い、三走・大島が生還し、リードを再び3点に広げた。

 巨人は連勝が4でストップ。借金生活に逆戻りとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月23日のニュース