仙台育英・西巻 別メニューで調整 甲子園で打球受け右手負傷

[ 2017年8月23日 05:30 ]

侍ジャパン高校日本代表国内合宿スタート

WBSC U―18W杯日本代表メンバー
Photo By スポニチ

 甲子園で20日に広陵と準々決勝を戦った際、遊撃守備で打球を右手に受けて途中交代していた仙台育英・西巻は、テーピングを施して別メニューで調整した。「打撲です。右手は動かせるが、無理はせず早いうちに治したい」。小枝監督は「大事を取っている。(24日以降に合流の)中村、清水と同じ扱いで慌てないでいく」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月23日のニュース