盛岡大付・三浦瑞 松商学園戦へ「左の内角突きたい」

[ 2017年8月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権大会第8日   盛岡大付―松商学園 ( 2017年8月16日    甲子園 )

 盛岡大付(岩手)は背番号10の三浦瑞が松商学園に立ちはだかる。

 今春のセンバツでは智弁学園(奈良)を1失点完投で破り、初の8強進出に導いた左腕。この日朝に先発を伝えられたが「足元が悪い時にやりたくないので中止でホッとした」と歓迎。室内練習場では30球を投げ込み「左の内角をしっかり突きたい。足もあるが打者に集中していきたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース