阪神・小野、球団史上初デビュー7連敗 2回途中5失点KO

[ 2017年8月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6―11広島 ( 2017年8月15日    京セラD )

3回無死一塁小野はエルドレッドに死球を与え顔をしかめる
Photo By スポニチ

 背負った期待が重荷になったのか。大事なカード初戦を託された阪神・小野が、広島打線に飲み込まれ、11度目の先発でもプロ初勝利を手にすることはできなかった。

 「(間隔が空いた影響は)いつもと変わらない感じでしたが、カウントを悪くして打たれることが多かった」

 初回、先頭の田中に左中間を破られる二塁打を浴び、菊池には追い込みながら右前打を許して無死一、三塁のピンチを背負った。

 なんとか1つアウトを奪いたい場面で、丸に投じた3球目だった。145キロの内角高め直球を完璧に捉えられると、右翼スタンドに飛び込む先制3ラン。プレーボールからわずか16球で、試合の主導権を明け渡した。

 打線が直後に2点を返し、1点差としてもらってもリズムに乗れなかった。2回こそ1死二、三塁を無失点でしのいだが、再び悪夢を見たのは3回だ。

 先頭・丸に四球を与え、鈴木には左翼線への二塁打を許した。無死二、三塁からの松山は、詰まらせたが中前へ運ばれ追加点を献上。1死を奪ったところで、ベンチはメンデスへの交代を決断した。

 2日の広島戦から中12日と十分な調整期間を経て、3連戦の初戦を託された。岩貞、メッセンジャーの戦線離脱で台所事情の苦しい先発陣にあって、週頭を託されたことには、首脳陣の大きな期待がうかがえた。

 その分、長い回数を投げ、フル回転している中継ぎ陣に休息を与える役割も担ったが、気合は空転。金本監督も「調子が良いようには見えなかった。(復調の兆しが見えず)だから早めに代えた」と、厳しい表情を浮かべるしかなかった。

 「(白星が遠いが)1試合、1試合、1人、1人抑えることを考えていきたい」

 新人投手のデビュー7連敗は球団史上初。次代のエース候補が、そびえる高い壁を破れないでいる。(遠藤 礼)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース