青木 代打で空振り三振 復帰後2打席連続凡退 チームは連勝ストップ

[ 2017年8月16日 12:09 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ4―6レイズ ( 2017年8月15日    トロント )

ブルージェイズの青木 (AP)
Photo By AP

 ブルージェイズの青木宣親外野手(35)は15日(日本時間16日)のレイズ戦に代打で起用され、空振り三振に倒れた。

 体調不良で欠場が続いていた青木はこの日が復帰2戦目。4―6とチームがビハインドの9回にイニングの先頭打者として登場した。守護神コロメと相対し、3球ファウルで粘り2ボール2ストライク。しかし、最後は外角へ投じられた155キロのストレートにバットが空を切った。これで前日の投ゴロに続いて2打席連続凡退となり、シーズン打率2割6分8厘。

 試合はこのままブルージェイズが敗れ、連勝は3でストップした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース