昨年精巣がん手術のベティス 今季初登板で7回無失点好投

[ 2017年8月16日 05:30 ]

ナ・リーグ   ロッキーズ3―0ブレーブス ( 2017年8月14日    デンバー )

 昨年11月に精巣がんの手術を受け、以降も治療を続けていたロッキーズの右腕ベティスが今季初登板。7回を6安打無失点と好投した。「いろんな感情が入り交じったが、コントロールしようと思った」。

 自身に白星こそつかなかったが、チームの勝利に貢献。困難を乗り越えた昨季14勝右腕の復帰は、今後のプレーオフ争いにも心強い。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース