右肩炎症のマー、キャッチボールを再開 違和感「特にない」

[ 2017年8月16日 05:30 ]

キャッチボールするヤンキース・田中
Photo By 共同

 右肩の炎症のため10日間の故障者リスト(DL)に入ったヤンキースの田中が本拠地で5日ぶりにキャッチボールを再開。ボールを握るのは9日のブルージェイズ戦以来で「(肩や腕の違和感は)特にないです」と、約30メートルの距離で10分程度投げた。

 順調な様子だが、今後のプランについてラリー・ロスチャイルド投手コーチは「様子を見て判断する」とし、次回登板は未定。最短で20日(日本時間21日)のレッドソックス戦で復帰することができる。 (ニューヨーク・渡辺 剛太)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース