聖心ウルスラの“ゴリ”赤木主将 号泣…「自分のミスのせいで」

[ 2017年8月16日 21:18 ]

第99回全国高校野球選手権大会2回戦   聖心ウルスラ学園4―5聖光学院 ( 2017年8月16日    甲子園 )

<聖光学院・聖心ウルスラ学園>試合終了後、目を潤ませる赤木
Photo By スポニチ

 夏が終わった聖心ウルスラの“赤木キャプテン”は、後悔と涙ばかりがあふれてきた。

 「自分のミスのせいで負けた。悔しいです。あと1点、何とかしてやろうと思ったが…。だめでした」。

 1点を追う9回2死、最後の打者は主将の赤木優太主将(3年)だった。遊ゴロとなり、一塁にヘッドスライディングをしたが試合終了。号泣し続けた。

 2年生エース右腕・戸郷の女房役。甲子園では「8番・捕手」を務め、1回戦・早稲田佐賀戦では1安打1打点。攻守で、甲子園初勝利に貢献していた。

 精神的支柱でもある男の同級生間での愛称は“ゴリ”。人気でテレビアニメにもなった井上雄彦作の高校バスケットボール漫画「スラムダンク」の赤木剛憲主将から来ていた。 「なぜ、呼ばれているのかは、分かりません」と同姓での部内いじりを隠していたが55人の部員をまとめ上げるキャプテンシーの評価、信頼は厚かった。

 5回2死三塁でエース戸郷の1バウンド投球を後逸し、三走が生還。逆転を許した。8回2死三塁では2番手左腕・林田の直球を取りこぼす捕逸で5点目を献上した。悔やまれる夏となったが「甲子園は思っていたより、すごくいいところ。迫力がすごい。ただ勝ちたかった。悔しい」。

 メンバー18人中、2年生は6人だった。“ゴリ”こと赤木は“宮城リョータ”や“流川楓”や“桜木花道”ら後輩に、来夏での躍進を託した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月16日のニュース