【東東京】二松学舎大付・市川4回10K 巨人・大江直伝の「強気」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権東東京大会   二松学舎大付19―0独協 ( 2017年7月20日 )

4回10奪三振の好投を見せた二松学舎大付・市川
Photo By スポニチ

 二松学舎大付が独協を19―0の5回コールドで下し、8強に進出した。OBで昨秋巨人入りした大江が観戦する中、同じ左腕の市川が4回10奪三振無失点の好投。「大江さんから強気で行くことを学んだ」と自己最速の141キロをマークし、12アウトのうち10個を三振で奪った。

 目指すのは、大江がいた14年以来の夏の甲子園。市川は「監督を必ず甲子園に連れていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース