2軍戦 サヨナラ決着が相次ぐ

[ 2017年7月21日 19:07 ]

 プロ野球のファームは21日、イースタン、ウエスタン両リーグが各地で行われ、サヨナラ決着が相次いだ。

 ロッテ―楽天戦(ロッテ浦和)は2―2で延長戦に突入。迎えた延長10回、2死満塁の場面で途中出場のロッテ・根元が左翼に3号サヨナラ満塁本塁打を放った。楽天はルーキー・森原が初黒星。試合はロッテの6―2だった。

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)に2―1でサヨナラ勝ち。1―1で迎えた9回2死一、二塁で、代打・原泉が左越えのサヨナラ打を放った。

 オリックス―広島戦(舞洲サブ)は広島が3―2で勝利。広島・堂林が2安打で3試合連続マルチ安打。この日支配下登録されたメヒアも2安打をマークした。オリックスは同点の9回、庄司に決勝打を許した吉田一が今季初黒星。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース