【神奈川】横浜 名門対決を逆転で制し5回戦へ「落ち着いてひるむことなくやってくれた」

[ 2017年7月21日 18:34 ]

第99回全国高校野球選手権神奈川大会4回戦   横浜6―4武相 ( 2017年7月21日    バッティングパレス相石スタジアムひらつか )

<横浜―武相>右中間への大飛球をキャッチして試合終了。喜ぶ中堅・増田(左)と右翼・万波
Photo By スポニチ

 横浜が武相との名門対決を逆転で制し、5回戦に進出した。

 鮮やかな逆転劇だった。1点を追う8回だ。先頭の3番・山崎が四球を選び、4番・増田。平田徹監督は増田に伝令を送った。「送る選択肢はない。自分の打撃をしろ」。全幅の信頼を置く4番の背中を押した。「信頼してくれた。自分がアウトになったら負け。ここで監督さんとの夏を終わらせるわけにはいかないと思った」と増田。2球で追い込まれたが5球目の外角球に泥臭く食らいついて右前打。強攻策が実って一、二塁とすると、5番・長南が送りバント。初回に3戦連発となる先制3ランを放って打撃好調だったがチーム打撃に徹した。二、三塁と最大のチャンスを作り、6番・万波の逆転左越え適時二塁打につなげた。投げては1点ビハインドの6回から背番号10の右腕・塩原が登板し、4回無失点の好救援を見せた。

 指揮官は「ああいう野球ができたら良い結果になる。苦しい試合だったのは間違いないが、落ち着いてひるむことなくやってくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース