ヤンキース 後半戦不振のジャッジに適時打

[ 2017年7月21日 14:44 ]

ア・リーグ   ヤンキース4―1マリナーズ ( 2017年7月20日    シアトル )

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースは20日(日本時間21日)にマリナーズと対戦して4―1で勝利。この試合で後半戦不振のジャッジは「3番・右翼」で先発出場。8回の第4打席で右前適時打を放ち、3打数1安打1打点1四球だった。

 後半戦4本目の安打が出たとはいえ、ジャッジは初回の第1打席と6回の第3打席はともに空振り三振。前半戦は新人ながらメジャートップの30本塁打をマークしたが、オールスター戦後はまだ豪快な一発が見られない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース