【山梨】駿台甲府・花輪がV打 元巨人・深沢監督「彼のチーム」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権山梨大会準々決勝   駿台甲府7―4笛吹 ( 2017年7月20日 )

7回に勝ち越し2点適時二塁打を放つ花輪
Photo By スポニチ

 駿台甲府は主将の花輪が7回に勝ち越し2点二塁打を放ち、4年ぶりのベスト4に導いた。3月に覇気のないチームと「自分自身を変えたい」という思いで新主将に立候補。元巨人で投手だった深沢和帆監督も「駿台は彼のチーム」と信頼を寄せる。

 「目標は甲子園で校歌を歌うこと」と花輪。1メートル69と体は小さくても、頼れる主将がチームを引っ張っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース